Village Project House 100

2012 May



渋家メンバーとしての参加作品。この個展は、新しい形のシェア、新しい形のパブリックを思考し運営することで、アートの可能性を追求しようとするプロジェクトである渋家が「どのような村に住みたいか」という提案を行った。重要だと考えたのは「どのような人たちと一緒に住みたいか」という選択だ。私達は100人の村人になって欲しい、影響を受けたい人たちを選び、インタビューを行う。そして、その後に私達の村の中心である渋家で一緒に食事をする。新しい村を作るきっかけになるという期待を込めて。インタビューを行い、USTreamで配信し、Twitterで実況し、写真を撮影し、ギャラリーというアルバムに飾る。それがこの展示のすべてだ。

web